下取りに出す

バイクを処分するとき、もしまた次のバイク購入を考えているなら下取りに出して見ましょう。 下取りの良いところは同じ店で完結するところです。 同じ店でバイクを売り、同じ店でバイクを買う。 このメリットは、もし新しいバイクにトラブルがあっても、相談しに行きやすいことです。

また、新しいバイクを購入するときも、下取りに出した強みから値下げ交渉に入りやすいこともあげられます。 下取りは買取よりも高く売れないのが一般的ですが、値下げ交渉できる分を考えれば、それほど差があるわけではありません。

いずれにしろ、その店との信頼関係を持ちやすくなります。 売って、買うわけですからね。 普通のお客さんよりも貢献してるのです。

下取りのときは店にいろいろ言われるかもしれません。 店も商売ですから、なるべく安く下取りして、なるべく高くバイクを売りたいのです。 店から見た時の信頼関係を想像してください。 客はわがままです、なるべく高く売ろうとするし、安く買おうとします。

ここで、信頼関係を築けているかがポイントになってくるのです。 バイクを下取りに出すときは、なるべく高く売ることを考えがちですが、店との信頼関係を構築することにも目線をあててみましょう。 自分にとって、このバイクがどれだけ大切だったか、という愛を語ったほうが店との信頼関係を築くことが出来ます。